8,000円以上で送料無料 カートを見る
ページTOPへ

送料無料 四十九日餅(法要餅)

販売価格
3,085円(税込み)
商品コード
290041

数量

-
+
個別送料
0円
便種
宅急便

内容:
大もち183g1個、小もち33g49個(計50個)

商品詳細

法要もちバナー

Q「四十九餅(法要餅)」とは何ですか?
中陰明けの法事を行い、故人の供養と成仏を願うために四十九日に親類縁者が集まり、
お坊様より御経をあげていただきます。その時に御供えするものが「四十九個の餅」です。
日本には、古来より米から作られた餅には霊力があり、餅の霊力で亡き人の供養を行うという
考えがあります。あるいは、餅の霊力で中陰の忌明けという区切りをつけ、死者との別れを行う
という考えもあり、法要の際に餅を御供えするのです。
また、インドのバラモン教に起因するという説もあり、バラモン教では供餅祭という儀礼を
行うそうです。供餅祭とは、火葬後の亡者を祖先位に到達せしむる為に餅を供える祭儀で、
この儀礼が密教と共に日本に伝わって「四十九餅」の習俗となったのではないかという説もあります。

Qなぜ「四十九餅」をお供えするのか?
人が亡くなって、四十九日間を中有または中陰といい、
特に四十九日目の満中陰には、中陰最後の法要を営み、
四十九あるいは五十の餅を作って死者の往生を祝います。
この四十九餅を供える由来については、幾通りかの説があります。

『福田纂要』によると、四十九の餅は人間の大骨と血肉を表しており、
滴中陰を過ぎると中有から他界に移る死者の五体五輪を、
これらの餅で支え助けるのだといわれています。
また、死者が地獄などの世界に行ったとき、手足など身体のあちこちに釘を打ち込まれるので、
この四十九日餅を作って地獄の冥衆(鬼類)に献ずることによって、
釘が餅に当り、死者が苦痛を受けずにすむともいわれます。
あるいは、四十九の小餅は参会者や親族に配って食べてもらうことで、
死者の身体の節々に打ち込まれた釘が抜けるともいわれます。

Q文字通り、餅は四十九個?
当社の法要餅は、小さい丸もち49個、大きい丸もち1個の計50個となっております。
(宗派によって個数に違いもございますので、御寺様とご相談ください。)

参考文献
http://www.jyofukuji.net/49mochi2.html

ひとつひとつ個包装(シングルパック)にしておりますので、
長期保管が可能です!
(賞味期限は発送月から三ヶ月間)

注※固いお餅です。つきたてのやわらかいお餅ではありません。
(お寺様によって違いがありますので、ご確認下さい。)
注※他の商品と同梱はできません。


内容:大もち183g1個、小もち33g49個(計50個)
シングルパック個包装なので安心!


餅商品POP