8,000円以上で送料無料 カートを見る
ページTOPへ
  • HOME
  • 餅(もち)

CATEGORY

餅(もち)

はぐろ庵の餅

精米してから36時間以内に杵と臼で搗きあげています

きめ細やかでなめらかな山形県産ヒメノモチを100%使用。厳選したお米をもみ殻のまま仕入れ、自社で精米をしております。厳しい基準を設けて、欠けや割れのない良質なお米に選別できる、独自の精米技術を用いています。使用する水も、良質な蔵王山系の伏流水。こだわり抜いた精米を経て、36時間以内に杵と臼で搗きあげます。この昔ながらの方法を守り、コシのあるお餅に仕上げているのです。

食の安全と美味しさを両立させたクリーンルーム

生きり餅を製造・包装する工場内は、病院の手術室よりも高いレベルのクリーンな環境に保たれています。清浄空気によって常に室内を陽圧に保ち、外部からの汚染された空気が流入しない特殊装置を組み込んでおります。もち搗き、成形、冷却、裁断、包装の工程をこのクリーンルームにて行なっております。

城北麺工契約農家「うー米ファーム」さんのもち米づくり

城北麺工の契約農家「うー米ファーム」さんがある真室川町は、山形県最北に位置しており、広大な森林と東北屈指の清流が流れる町です。主要作物である「米、もち米」は全国でも高い評価を受けています。「うー米ファーム」さんでは、良質肥堆肥を使った土づくりをベースに、化学資材をなるべく使わない、安全で安心して信頼されるもち米づくりを行なっています。

私たち社員も田植え、稲刈りをお手伝い

城北麺工の社員も、毎年5月には田植えを、10月には稲刈りをお手伝いしに行っております。商品の原料づくりに実際に関わり、農家の方に感謝の気持ちを持つこと。それが大切だと私たちは考えます。毎日当たり前のようにある「食」に対し、その有り難みや感謝の気持ちを忘れることなく、おいしい商品づくりに励んでいます。

ゆたかな自然の美味しいふる郷「やまがた」から

山形県は南東北の日本海側に位置し、美しい山や川に恵まれた自然の宝庫です。全国第9位の広さを誇る 県土と、県南に源を発して日本海へと注ぐ最上川の豊かな水量。夏は暑く、冬は雪に包まれる、変化に富んだ気 象条件。農畜産物にとってまさに理想的な環境は、山形が全国でも有数の米どころであるゆえんです。

秋の収穫期には、一面黄金色に色づいた田んぼの風景をいたるところで見ることができます。日本百名山、 朝日連峰のふもと朝日町にある椹平(くぬぎだいら)の棚田は、平成11年に農林水産省の「日本の棚田百選」に 認定されました。ヒメサユリ園のある一本松公園からは、周辺の山々や集落とよく調和した棚田を一望すること ができます。秋には「くいのこ(杭掛け)」が規則正しく並び、その風景は日本の原風景を感じさせてくれます。


表示順 : 
表示件数:1~18/18